ついでにケア

ついでにケア

ごく最近ピアスホールを一気に3つ空けました。兄には「処女耳なのに一気に開けるなんて」と思いっきり呆れられましたが、空けようと思ってもなかなか機会がなかったので私としてはちょうどよかったと思います。

お医者さんで空けてもらうことも考えましたが、基本的に両耳1個ずつでいくらという料金設定だし、特に空けにくい耳でもないことだし自分でやることにしました。最近のピアッサーは大分性能が良いらしく、痛みもなくきれいに空けられたのには驚きました。従姉妹が全部で12個開いているのですが(一度に全部使ってないので見た目の派手さはありません)、何個か化膿していたためとても心配していましたが、これも大丈夫そうです。

昨年の11月に高速道路で事故に遭い、左足に小さな皮膚潰瘍をつくったため毎日消毒をしていますが、耳もついでにやっているのでケアを怠ることもないですね。割と突発的に(もともと空けるつもりではいましたが)空けましたが良いタイミングだったと思います。

コレクション中のピアスたちがやっと日の目を見ると思うと嬉しい限りですが、しばらくはとってもシンプルなピアスで我慢しないといけません。誕生日石のピアッサーもあったんですが、本物ではないし本物を買おうとすれば私は9月生まれなのでそれなりの値段になってしまう。しかも穴は3個なので結局一般的なゴールドのものにしました。

耳を触ると左に2つ右に1つ、今までなかった冷たい金属があります。なぜこのような配置にしたかと言うと、3という数字が好きで髪の毛がやや左よりのところで分かれるからです。あとはピアスの中でもイヤーカフとチェーンでつながっているものが好きなんです。だから片方は2個開けました。

色々上手く行ったとはいえ、ケアを怠れば化膿してとんでもないことになってしまうのは目に見えているので、本当に足の傷と同じくらい注意しないとなぁと思います。お洒落するには多少の努力も必要だとしみじみ感じますね。

セレナMRワゴンホンダCR-Z

販売員にはなれない

今日の語学学校の授業で、訪問販売の仕方と良い買い物について勉強しました。実際に販売員のスキルを紹介したセミナーの録音を聞いてから実践してみるというものですが、これがとても難しいんです。色々試してみたんですが、調子が良すぎて詐欺かとクラスメートに言われて営業成績は最下位。おまけに先生には「たとえどんなに仕事がなくても販売員や営業は避けた方がいいわよ」と言われました。

色々思い出してみると、苦い記憶がよみがえってきました。受験生の時に受けた推薦入試です。当然ですが、受験前に何度も面接の練習をしてどんなに戸が来て圧力面接をしても大丈夫なように校内で最も怖いと言われていた先生方全員(4人)にも練習をお願いしました。怖さのプレッシャーには何とか勝てましたがあまり良い感触は得られず迎えた本番。何度も注意されていたのに、自分の良さのアピールから面接官との議論になってしまっていました。結果はもちろん不合格。就活がその時から不安になりました。

個人的な話がうまくできないわけではないんですが、アピールや良さを知ってもらうことが苦手なようです。つまりは人の心を動かす話をするっていうことですね。このスキルはたとえ販売員にならなかったとしても、生きていくうえであったら絶対に有利なモノだと思います。極論を言えば、私の話すことは面白くて笑えるけど人の心に残らないということです。話のうまさが必ずしも人の印象に直結するとは言い切れませんが、心に残る話ができなくて私自身が人の記憶に残らなかったとしても、文句は言えないなぁと思います。

今日もかなり打ちのめされましたが、もっと人の話を聞いてみようと思います。話のうまい人の話と言うのはやっぱり何よりの教科書ですから。