カフェインでWake up!

カフェインでWake up!

目を覚ますためにはカフェインの接種が良いと言われていますが、カフェインは少し摂りすぎると肝臓に負担をかけて冷えの原因になるとも言われています。

勉強や仕事が差し迫っている時は選択肢なんてないと中学生の頃まで思っていましたが、大学受験をするときは半身浴をしながらコーヒーやレッドブルを飲みつつ英語か古典をひたすら音読してました。基本的なお風呂の滞在時間は2時間くらいだったでしょうか。これを始めてからは割と冷えも感じなくなり、勉強も効率化しました。

何でも取りすぎはよくないと言われているように、この方法で上手くいってからさらにカフェインの接種量がふえたことがありました。まばたきする間に爆睡できる人間なので眠れないということはありませんでしたが、毎日異様にテンションが高く笑いが止まらないという状況になりました。この結果必要以上に疲れてしまってと、意味がなかったですね。

この経験からカフェインに極力頼らないで目を覚ます方法を考えました。

①筋トレをしながら勉強や仕事をする。

②一度熱唱するかヘビメタ系の曲をかけてから始める。

③取り敢えず痛いことをして痛覚を刺激する。

③はどうしてもの時にやりましたが、高校の授業中に実践したら先生に物凄く(精神面を)

心配されるくらいのことだったのでここでは紹介しません。個人的には①がお勧めです。受験生ならちょうど太り易くて悩む時期ですし、長時間のデスクワークはお腹にたるみを付け易いのでその解消にもなります。

最近は目を覚まさないといけないほど勉強や仕事が差し迫っていませんが、趣味である睡眠をするために通常の睡眠時間を削ったりするので、少しお腹に筋が入ってきました。

カフェインはとても効果的ですが、やっぱり他の方法で目が覚めるならその方が良いのではないでしょうか?

ノアエルグランドレクサスRX

カラオケに行きたい

イギリスに2か月滞在して、ホームシックにはなりませんでしたがカラオケが恋しくなりました。もちろんボーンマスにもカラオケバーがありますし、イギリスではお酒も飲める年齢(現在19歳)ですが、慣れぬ夜遊びは体調を崩すもとなので一度も行ったことがありません。きっと行ったとしても日本語の曲は世界的にヒットした曲でなければ機会にないだろうし、日本みたいな少人数のブースではないので「日本のカラオケ」は楽しめないでしょう。

兄にメールしたところ、無事学年末試験を終えて3年生への進級を確定させた彼はこの休みに結構頻繁にカラオケに行っているようです。身内をほめることになっちゃいますが、彼は歌が上手だしなによりも声のバラエティが豊富なのです。それは少し無理をすれば「魔笛」の夜の女王も出来るほどです。兄弟仲がよいので、友達と行くよりも兄と一緒に行く回数の多い私ですが、その時は必ず採点機能をつけてノンジャンルで最高点を競います。二人とも小さい頃からクラシックに慣れ親しんだので、最近のJ-Popの後に突然アリアを歌い出したりということが頻繁に起こります。しかも期待を裏切らず、兄が今まで出した最高点はクラシックですね。肺活量が多いからか聞いていて心地もよいし高得点に見合った歌唱力だと思います。

ない物ねだりをしても仕方ないので、最近はYouTubeでPVと一緒に歌ったり、伴奏のみに合わせて歌ったりと絶賛一人カラオケにハマり中です。ホストファミリーの家にある大型スピーカーとマイクを借りて熱唱したりするで、唯一日本語を口に出す機会にもなります。

私が日本に着くのは朝の9時ごろなので上手く行けばその日にカラオケにいけるかもしれないと今から密かに楽しみにしています。